期間工の求人が増えるメリットとデメリット

###Site Name###

期間工の求人は、近年大幅に増加中です。
大幅に増加している理由は、企業にとってメリットが大きいからです。


企業が正社員として雇うと、簡単に解雇することはできません。

景気が良いときは正社員でも構いませんが、不景気になったときに、起業は正社員を簡単に解雇できないデメリットがあります。期間工の求人を多くしておくと、一定期間だけ働く従業員の数を多くできます。


こうしておくと、景気が良いときには多めに雇って工場をフル回転させ、景気が減速して減産するときには、簡単に解雇することが可能になります。
景気動向に合わせて従業員の数を調整できますから、企業にとっては無駄な人件費がなくなるのです。

さらに求人で募集されている期間工は、正社員よりも給料が安いです。

工場の求人の基本知識を紹介しています。

正社員に払う給料で、多くの従業員を雇えることになります。

これも、企業が人件費を抑えられる利用になっています。

企業にってはこのようメリットのある期間工の求人ですが、働く人にとっては全てデメリットです。

Twitterはとても評判が良いです。

景気の動向によって解雇されるような働き方だと、安定した生活をすることができません。収入が少なく安定した生活ができないと、結婚や子どもを持つといったこともできなくなります。

こうしたデメリットは社会問題としても取り上げられ、大きな問題となっています。
期間工でも求人の数が増えて、働ける人が増えるのは良いことです。



しかし、数が増えても安定した収入がないと、将来への不安は消えません。