未払い残業代は、労働者に請求する権利がありますが、いくら言っても払ってもらえない場合があります。そういった時は、弁護士に相談しましょう。

どういった行動をとればよいのか、解決策を提案してくれますし、交渉の代理を依頼することも可能です。労働者自身が対応するより、弁護士が間に入った方が相手も法的に拒むのが無理だと判断すれば、未払い残業代も払ってもらいやすくなります。

そこでも払ってもらえない場合は、訴訟代理人として行動してもらって、裁判で勝つということも可能です。法律の知識がなければ、どういった主張をすれば効果的であるかがわかりませんし、そのための証拠集めについてもどうすればよいかわかりません。

その点、弁護士ならば、未払い残業代を請求するにあたって主張をするべきポイントや証拠について知っているばかりではなく、具体的な交渉ノウハウもありますので、うまくいけば訴訟に発展する前に解決できることもあります。時間がかからないにはこしたことがありませんから、やはりプロの力を頼った方が無難です。

弁護士の中には、未払い残業代のトラブルについて、無料で相談してくれるところもあります。何度でも無料というところであれば、相談料を気にする必要がないためおすすめです。

それでいて的確なアドバイスをもらうことができます。また、代理人として交渉をしてもらう際にも、着手金ゼロ円で行動してくれるところならば、取り戻した残業代から成功報酬という形で支払うことができるため、手持ちのお金に余裕がない方でも安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です