勤務している会社にサービス残業代を請求するのは難しいですが、退職した後であれば遡って過去の未払い残業代を請求することが可能です。

サービス残業が常態化しているような企業の場合は、適正な時間数で残業代を再計算するとかなりの金額が未払いとなっているケースがあります。未払い残業代の請求を考えている場合には、確実に支払いをしてもらえるように弁護士に相談しながら進めたほうが良いでしょう。

未払い残業代の請求をするにはしっかりと証拠を集めておくことが重要となります。タイムカードを打刻しているようなときには、しっかりと毎月分をコピーしておくようにすることも有効です。タイムカードがないケースでは、毎日しっかりと退勤した時間を記録しておくことも重要です。

残業時間の証拠を残しておく方法については弁護士に相談しながらアドバイスを受けるとよいでしょう。弁護士に未払い残業代請求をお願いする場合、まずは企業と交渉をしてもらうこととなります。労働関係の問題に詳しい弁護士であれば、相手との交渉にも長けているので期待通りの働きをしてくれるでしょう。

弁護士に依頼すると着手金や成功報酬などが必要となりますが、依頼する法律事務所によって報酬の形態が異なっているので事前に確認してくことが重要です。取り戻すことができる残業代の金額よりも法律事務所への報酬のほうが高くなってしまうと依頼するメリットがないので、報酬金額を考慮することは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です