未払い残業代の問題は全国的な問題であり、その解決を弁護士にお願いする動きが強まっています。

中には相談しないで自分でなんとか解決しようとする人もいます、それはおすすめできません、その理由として、リスクがあまりにも大きいためです。特に中小企業の場合はそもそも話し合いのテーブルにすら座ろうとしません。

いたずらに時間を費やすだけのため、弁護士に未払い残業代のことに関して相談することが大事です。相談をするだけでは意味がないと思う人もいますが、弁護士の名前入りの内容証明の手紙を送るだけで一定数の企業は未払い残業代の支払いに応じてくれます。もちろん訴訟や示談に持ち込まれるケースもありますが、相談して内容証明の手紙を送るだけで解決してしまう事実を知る必要があります。

ただ、ここで大事なのは弁護士の名前を入れておくことです。そうすることで裁判に持ち込まれる前に未払い残業代を支払っておきたいと企業側は思います。未払い残業代のことに関して弁護士に相談する必要性は他にもあります。証拠として保管すべきものを事前に用意できる点です。

中小企業などはタイムカードの管理などが杜撰なこともあります。うっかり捨ててしまったなどと嘘をつかれることもあるため、事前に確保しておくことも必要です。確保するのが難しいのであればスマートフォンのカメラで記録しておくのも1つのやり方です。こうした知恵を授けてもらうことが相談することでわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です